メッセージ

人とロボットが共存して繁栄する豊かな社会の実現を目指します。

ロボットの利用分野が一般家庭や医療の場にも広がりを見せています。このような新しい分野のロボットはサービスロボットとも呼ばれており、認識、学習、推論、コミュニケーションといった、より高度な技術にチャレンジすることで発展を遂げています。

その発展の過程において、我々は人とロボットが共存してゆくという観点を大切に考えています。これまでのロボットは、特にヨーロッパでは雇用を脅かす存在としていぶかしげに見られることがありましたが、我々は人々の生活をより人間らしく、創造的で、豊かにするパートナーとして考えています。つまり、家事の負担を減らして女性の社会進出を助けたり、あるいは家族と過ごす時間を増やしたり、介護の負担を減らしてお年寄りの精神的なケアを充実させたりするロボットを作ってゆきたいと考えています。

ロボットビジネスは黎明期にあり、今後確実に発展してゆきます。弊社も未熟ながら、その一助となるよう努力して参りたいと思います。

平成25年1月
村北ロボテクス株式会社
代表取締役 村北 卓也